かつら専用シャンプー

かつら専用シャンプー 医療用かつらには自毛を洗うときに使用するシャンプーは使用できません。毛質が傷んでしまい、ツヤがなくなると抜けやすくなります。ツヤツヤ状態を維持することはクシ通りをよくし、ヘアセットを楽にしてくれるのです。毛が光沢感を失ってボサボサした状態になると、クシが引っかかることが多くなります。医療用かつらは長期間にわたって使用すると、毛のボリュームが減少していきます。少しでも長持ちさせるためにも、医療用かつらの専用シャンプーを使ってケアしてください。

ベースや毛の部分に汚れが付着すると、頭皮にも悪影響があります。頭皮が汚れてベタベタになると薄毛を促進することになりかねません。かつらを装着すると薄毛が進行するという話がありますが、これは蒸れが発生することに加えて、ケアが十分に行われていないことが関係しています。医療用かつらは常にサラサラと滑らかな状態にしておくこと、そしてベースの皮脂はしっかりと除去することが大切です。

リンスが欠かせない理由とは

リンスが欠かせない理由とは 医療用かつらには適量の油分を与えて、しなやかな状態を維持してください。シャンプーは皮脂汚れを除去するために役立ちますが、必要な油分まで落としてしまいます。リンスを使用して油分を与えておけば、しなやかな状態を維持できますし、静電気を抑えることも可能です。洗髪するときはシャンプーを使用して終わりという方が多いですが、リンスと併用するのが基本だと考えてください。医療用かつらの毛質がパサパサになると、耐用年数が短くなってしまいます。

適度なうるおいを与えておくことにより、パサつきや絡みを抑えることができます。ブラッシングをするときに絡まるという場合、油分が不足している可能性があるでしょう。油分は悪者扱いされることが多いですが、医療用かつらを守るために欠かせません。乾燥や紫外線のダメージから守ることにより、美しい状態を維持できるわけです。うるおいが不足した医療用かつらは傷みやすく、放置するとブラッシングをしても髪がうまくまとまらなくなります。