医療用かつらに不具合

医療用かつらに不具合 医療用かつらについてはその名のとおり医療目的で着用するかつらですので、不具合があった場合にはその人にあった補正を行うということが原則となります。具合が悪いまま着用し続けたのでは健康面に支障があったり、精神的に不安な気持ちになったり、ナーバスになったりとよいことはありません。
医療用かつらを着用していて何か不具合があるのであれば、遠慮することなく、申し出て補修なり交換なりをしてもらうべきだといえます。頭の形は人それぞれですので、既製品を使ってすぐに完ぺきなフィット感を得られることはまずないと考えるべきでしょう。自分にとって具合が悪い点を指摘しながら、自分にあったかつらに作り替えていくというのが医療用かつらの本質なのではないでしょうか。メーカーの側でも補正や交換が生じることは初めから想定していることです。クレームでは決してないですので、まったく遠慮などをする必要はなく、主張することが当たりまえだといえます。

購入時に知っておきたい保証について

購入時に知っておきたい保証について 医療用かつらの購入には、大きく、通販による既製品、店頭販売でのセミオーダー、美容院を併設した専門店へのフルオーダーの3つの方法があります。保証に関しては、まずセミオーダーとフルオーダーによる方法では実店舗に赴くことになり、担当者とも相談をして購入するために相応の対応を受けることができます。内容は店舗ごとに違いはあるものの、例えば、初期不良に関して1ヶ月以内の申し出であれば対応するなどを掲げているところもあります。
注意が必要なのは通販の利用があり、まず、医療用かつらはクーリングオフの対象ではないことです。保証は、ほとんどは購入者が商品を手にした状態に対してのみになっており、つまり、不良品が届いたといった場合のみに交換や返品が適用されます。店頭購入とは異なり一回使用してしまうと返品や交換は受け付けてはおらず、仮に未使用な状態でも付属品や説明書も汚損などが無いことが条件になります。通販は商品の豊富さに加えコストが安いというメリットがある一方で返品や交換は難しい面があり、よく確認をした上で購入することが大切です。