医療費の関係

医療費の関係 医療用かつらを購入する前に、医療費との関係を知る事が大事です。医療用かつらを購入する代金が、医療費控除や健康保険が適用されるかですが、基本的には適用されないケースが多くなります。例外として担当医が必要と記載した診断書があると適用される場合があるので相談をするのがポイントです。控除が可能かどうかは実際には税務署の判断によるので注意が必要になります。考え方として治療が目的の場合は可能ですが、予防の場合は不可能です。

医師の指示による場合は大丈夫ですが、美容及び健康目的は不可能になります。公的な補助はあまりないですが、民間の保険会社に加入している方は契約内容によりますが給付される場合があるので確認をするのが大事です。医療用かつらはかなり高価なので、給付があると金銭的な負担が少なくて済みます。医療用かつらを販売している会社によりますが、割引がある場合があるのでサイトで事前に確認をするのがポイントです。

医療用かつらは健康保険の適用外で医療費控除も適用外

医療用かつらは健康保険の適用外で医療費控除も適用外 医療用かつらを作るときには、健康保険や医療費控除の対象になるのかどうかが気になります。しかし、医療用かつらは健康保険の適用外で医療費控除も適用外となっています。健康保険の場合には診察や検査、治療に必要な薬や手術費用などが対象となりますが、医療用かつらの場合には病気やケガといったものを治すものには含まれていません。医療用というのは健康保険の対象になるというわけではなく、頭皮に安心であるという意味だからです。
そのため費用については自己負担が大きくなります。一部の県や市区町村では、補助金や助成金という形でサポートをしています。また、一部の生命保険では特約に加入することでいざという時にサポートを受けることが可能です。医療用かつらは安い物ではありません。必要な場合には、治療そのものにも費用がかかりますので費用面での負担は大きくのしかかってきます。お住まいの地域によっても事情は異なりますが、保険加入時にはその辺のこともチェックしてから決めると安心です。